貯金削って風俗へ

リアリティ。それがテーマですね

風俗でどれだけ興奮するのかや、どれだけ満足出来るのかはホームページを見たりポータルサイトで調べたりではなくて、如何にリアリティがあるのかって部分なんじゃないかなと思うんですよね。いわゆるリアリティに関しては人それぞれ違うとは思うんですけど、人それぞれのリアリティを感じると、風俗がやたらと興奮するものになると思うんですよね。いつだったか忘れちゃいましたけど、デリヘルでホテルを利用した時なんですが、本当にたまたま昔セフレとよく来ていたホテルでのプレイになったんですよ。そこに生々しさがあったんですよね。だからその時に興奮はいつもの風俗以上のものがありましたけど、こういった形で楽しめるからこそ、風俗はいろんな可能性を秘めているんじゃないかなって思いましたね。普通にプレイするよりも、リアリティのあるプレイの方がこっちとしてもやっぱり興奮するし、その興奮が高い満足感を生み出してくれるものになるんですしね。

慣れていないくらいだからこそ燃えた

彼女はまだあまり慣れていないみたいでしたね。すでに新人ではないものの、一か月に一度くらいしか出勤しないので、風俗のお仕事に慣れた訳じゃないと。だからまだまだ緊張しているんだなって思うこともありましたけど、その緊張感がむしろ男心をそそってくれたんですよね。フェラもかなり丁寧だったんです。恐る恐るというか、じっくりと攻めてくれたんです。彼女としては慎重にってことだったと思うんですよ。でもこっちにとってはそのじっくりさが、むしろ良かったんですよね。自分はフェラは勢いに任せた激しいものよりもじっくりとしてくれる方が好きなんですよ。だから、計算していた訳ではないんでしょうけど彼女のフェラが自分にとって合っているフェラになったので、それはそれで良いなって思ったんですよね。むしろ慣れていないからこそ燃えられたのかなって思ったら、彼女には今後も月一の出勤を維持してもらって、あまり風俗に慣れないでもらいたいなって(笑)